藝大21 七感で楽しむシアター SEVEN SENSES THEATRE

12/2/2019

 

《Sounding Seven Senses》 
    藤倉 大( 作曲) 大前 光市(ダンス)
(東京藝術大学COI拠点委嘱作品・世界初演)

舞踊界に新たな地平を切り開いたダンサー大前光市のために、今世界が最も注目する作曲家・藤倉大が制作したダンス音楽の世界初演!「たたく」「はじく」「さわる」等、音の質感ごとにキャラクターの違う楽曲がコラージュされ、めくるめく音の移り変わりにダンサーの肉体が呼応します。音質を視覚化する映像や立体音響を駆使した「七感」を刺激する前代未聞のパフォーマンスは必見です。

ダンス:大前光市 
ピアノ:大崎結真  
サウンドプロジェクション:Nagie
三味線:本條秀慈郎 
箏:LEO  
笙:東野珠実  
藝大フィルメンバーによる七感アンサンブル

 

Tags:

Please reload

Please reload

Please reload

TAG